スポーツ政策対応

PFI

PFI事業とは

「PFI(private finance initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)」とは、公共施設等の設計、建設、維持管理および、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う事業手法です。国や地方公共団体等が直接実施するよりも効率的、かつ効果的にサービスを提供することができる事業について、PFI事業手法で実施します。
PFIの導入により、国や地方公共団体の事業コストの節減、より質の高い公共サービスの提供を目指します。施設の整備に必要な資金を民間が調達するため、財政支出に大きな負担をかけずに、施設整備のスピードを速めることができます。
民間のノウハウを活用すること、利用者のニーズを充分踏まえることで、利便性の高い施設整備・管理運営が可能となります。
PFIの導入により、国や地方公共団体の事業コストの節減、より質の高いサービスの提供を目指します。


PFI

「PFI(private finance initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)」とは、従来、公共事業として行っていた事業のうち、民間に任せたほうが効率的なサービスを提供できる場合は、民間に任せることで、社会資本の整備充実を推進するものです。わが国では、平成11年7月にいわゆる「PFI推進法」が成立しました。
民間のノウハウを活用すること、利用者のニーズを充分踏まえることで、利便性の高い施設整備・管理運営が可能となります。
従来に比べ、自治体の費用軽減につながるとともに、施設の整備に必要な資金を民間が調達するため、財政支出に大きな負担をかけずに、施設整備のスピードを速めることができます。